未分類

これ以上悪くなったら人工透析

10年前に糖尿病を発症して、主治医の指導の元、筋トレとバリアトリックス減量法で治しました。
治してから10年間、筋トレをずっと継続しながら、空腹時血糖時70~80で維持していました。

血糖値が320まで瀑上がりしたのは、コロナに感染してからでした。
糖尿病ネットワークで調べてみると、
「新型コロナ自体の症状は深刻ではなかったという人が、回復してから半年が経過し、糖尿病を発症したケースも報告されています」
「新型コロナの感染は、糖尿病やうつ病を引き起こすことが知られています。血糖値が上昇し、"糖尿病性ケトアシドーシス(DKA)"を発症する危険性が高まります。」
とありました。

以上の傾向は、10年間、糖尿病ではない状態を維持してきた、私の体にも起こりました。

10年前、血糖値・ヘモグロビンa1cを正常値に保てる状態になってからは、朝食に米やパンやパスタなど、殆ど炭水化物ばかりでできている食品を食べないこと以外は、健常者と、同じ普通の食事をしていました。

それが、ここ2年間、「筋肉をつけるなら、朝、米を食べないといけない」と、パーソナルトレーナーから指導され、朝食に米を食べるようにしてから、米や甘いお菓子を食べることへの欲求が激増して、あっという間に太ってしまいました。

しかし、それでも、筋トレと高強度有酸素は、週に3回はやっていたので、空腹時血糖値は、70~80で安定していました。

空腹時血糖値が320と、激増してしまったのは、コロナに感染してから、すぐの出来事。
筋トレと高強度有酸素運動を再開しても、一向に血糖値は落ちない。
ヘモグロビンa1cは、徐々に良くなりましたが。。

主治医によると、2型糖尿病には、一度、血糖値が瀑上がりしてしまうと、何をやっても下がらない状態になることがあるので、正常値に戻るまで、とりあえず、運動と食事に加えて、薬も併用しようということになりました。

食事は、10年前に糖尿病を薬無しで治した時と同じ、糖質制限で取り組むことに。
一刻も早く痩せたほうが良いということで、学生の頃、4ヶ月で20kg痩せた「バリアトリックス減量法」を実行することにしました。

バリアトリックス減量法は、スーパー糖質制限とは違って、りんごなどの比較的糖質が少ない果物から糖質を摂取することを推奨されていますが、私が筋トレをかなり追い込んでやるタイプなので、それを考慮した主治医から、摂取して良い食べ物の変更を少ししてもらっての実行となりました。

とにかく人工透析を避けるために、早急に痩せないといけないので、入浴の仕方から睡眠時間、追い込みすぎない筋トレへの変更、食事の仕方から一日の食べ終わる時間設定まで、とにかく徹底的にやり切る期間を2ヶ月設けることになりました。

-未分類
-, , , ,

error: Content is protected !!